おすすめの種類

ウォータークレス
「ウォータークレス」
特有の香りと辛みがあり、サラダ、肉料理、天ぷら、塩漬けなどに利用します。年中収穫ができて、家庭では重宝なハーブです。
スィートバジル
「スイートバジル」
初心者のベランダガーデニングでもカンタンに育てることができて、お料理にも使えるスイートバジル。
イタリアンパセリ
「イタリアンパセリ」
葉が平たく、風味が柔らかいイタリアンパセリです。生でサラダに、肉・魚料理にも相性バツグン!

基本の道具

基本の道具

鉢底石図解

ひゅうが土
「ひゅうが土」
多孔質の硬質軽石で、排水性、通気性、保水性に富んでいる。弱酸性の性質を持っており、雑菌の繁殖を抑えて、根腐れを予防する効果がある。
鉢底ネット
「鉢底ネット」

種まきの基本

種まきにはさまざまなものがあり、性質もさまざまですが、だいたい大きさによってまき方が変わります。

ばらまき
種をまんべんなくばらまく方法で、小~細粒の種をまく場合に用います。薄く重ならないようにまくのがポイント。
点まき
おもに大粒の種をまく場合に用います。適当な間隔をあけて指などでくぼみをつけ、1ヶ所に3~5粒ずつ種ををまきます。
スジまき
おもに中~小粒の種をまく場合に用います。種をまく場所に板や割り箸なので薄く筋をつけ、その溝にそって種をまきます。種が重ならないように注意して下さい。
  1. 鉢底ネットを置き、水はけをよくするために大粒の赤玉土や鉢底石を入れます。
  2. 2/3の深さまで培養土をいれます。
  3. 肥料を少量入れ、よく混ぜ合わせます 
  4. 表面2cmほどは肥料の入っていない土を入れ、じょうろで表土全体にたっぷり水を与えます。
  5. 種をまきます。
  6. 必要に応じて土をかけ、霧吹きで表面の土を湿らせます。

いけちゃん

おすすめの土と肥料

イケカク培養土
「イケカク培養土」
イケカクオリジナルの培養土。ぜひ一度お試し下さい!
花の充実肥料
「花の充実肥料」
効き目がゆっくり長いので、使いやすいので初心者にオススメ。

水やりの基本

土の表面が乾いたら、たっぷりと水をやるのが基本。

一回にやる量が少ないと(コップ1杯など)表面だけが湿って下の方が乾いたままなので、底にある根が枯れてしまします。
【注意】受け皿に水がたまっていると、毛細管現象で水が鉢の中に上がってきます。長時間土が湿っていると、”根腐れ”を起こす原因になりますので、受け皿の水は捨てて下さい。

花が咲いたら、根元の土へ直接かけるように水を上げてください。すると十分に水が染み通って、鉢底まで行きます。

ジョウロ

春の水やり
●1~2日に1回●朝7:00~12:00

●植物の生長が旺盛な時期なので、不足しないようにたっぷりあげて下さい。
夏の水やり
●1日に2回
●朝7:00~10:00
  夕15:30~18:00

●日中は避けたほうがよいが、早朝や夕方はOK。
秋の水やり
●1日に2回
●朝7:00~11:00

●花が枯れて成長期が終える植物は控えめに。生長を始める秋まき草花や宿根草はたっぷりと。
冬の水やり
●週に1~2回
●朝8:00~12:00

●地面が凍っているときは、とけてから。夕方の水やりは凍結するのでしない。

←戻る

ページの先頭へ